想いをカタチに 夢工房

想っていることをカタチにできる空間にしていきたいです

いっさい食べない方がいい脂肪。それはマーガリンとショートニング

昨日小栗旬が主演のドラマCRISISを見て髪型をマネしようと誓いました

f:id:yamakawaryusui:20170614072742p:image

この画像を持って僕を小栗旬にして下さいとお願いしてきます

 

 

おはようございます山川です

今日は食事の話

今読んでいる本に面白い事が書いてあったのでメモ

 

高脂肪というと肉

高脂肪と聞くと食べない方がいいのでは?と思いがちですが

ほどほどに食べすぎなければ健康的だそう

だって長生きしてる人ってほどほどに肉食べてますしね

けど、いっさい食べない方がいい高脂肪も存在します

それは『マーガリン』『ショート二ング』

これらは植物油です

植物油は不飽和脂肪酸といいまして通常常温では液体です

なので体内で固まる事はないけど、酸化(劣化)しやすい性質を持ちます

そこで常温でも固形を保ち酸化を防ぎ長期間おいしく食べられるように開発が進みます

そこで開発されたのが『マーガリン』や『ショートニング

作り方は植物油に水素添加する事でできるそう

しかし水素添加する事で少し変ないびつな脂肪酸ができあがったとの事

これがよくきく『トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は常温で固形になり、コレステロールやカロリーはへ安価でいい所はいっぱいありますが

その一方で体に与える影響は深刻になったんですね

脂肪を研究する科学者は脂肪の水素添加を『オイルをプラスチック化する』と言っているそう

プラスチックは人工的に作ったものなので分解されませんよね

よく公園とかで落ちてますがあれは分解されないからずっと残る

これは人工的に作ったトランス脂肪酸も同様

自然界では分解しにくいんです

これは腸の中でも一緒

トランス脂肪酸が腸に入ると分解にたくさんのエネルギーと時間そして栄養素が必要になってきます

野菜や果物など体にいい物をたくさん食べてもトランス脂肪酸も一緒にとっているとそれを分解するのに栄養素が使われてしまうんですね

これは非常にもったいない

なるべくマーガリンやショートニングトランス脂肪酸の摂取を抑えて、体にいい物を摂取しましょうねー

 

ではまたー