想いをカタチに 夢工房

想っていることをカタチにできる空間にしていきたいです

睡眠の改善

痩せてから街中でやたら道を聞かれる事が多くなりました

痩せると話しかけられやすくなるのかな

新たなメリットの発見ですね

 

おはようございます山川です

 

今日は睡眠のお話

僕はこの1ヶ月で改善に励んでいる項目は

食事、睡眠、運動

で、今回は睡眠のお話

最近読んだ本にすごくいい事が書いてあったのでメモ

 

まず、睡眠改善のポイントを2つ上げると

1つ目は『短眠法』

2つ目は『起床術』だそうです

今日は2つ目の起床術の方

要するに朝スッキリ起きる事が睡眠改善のポイントですよって話ですね

朝何度も二度寝を繰り返していた僕にとっては耳が痛いお言葉

本によると『5時半起き』を推奨しておられます。

早すぎない?

という疑問が浮かびますがメリットとしては

ストレスが減る

仕事の効率がアップする

などなど。ストレスに関してはうつ病の患者さんを対象に行った実験が多くあってガッツリ改善してる結果が出てますので信憑性は高いのかと

あとは体内時計の調整ですね

人間の体内時計は元々25時間にセットされています

24時間に戻すには日の光を浴びるしかないんですね

日曜日昼過ぎまで寝ていて月曜の朝が辛いという経験はありませんか?

その原因は体内時計の調整ができていないから

あとはメラトニンの分泌を抑えスッキリ目覚められるのだとか

体内時計とメラトニンのダブル効果

これが朝日を浴びると得られます

 

何故5時半なの?

これは日本の日の出時間に関連してきます

要するに早起きが睡眠にいいからといって太陽が上がっていない時に起きてもあまり意味ないよって話です

日本は春夏秋にかけて5時半なら日が出ているのでその時間に起きるのが効果的なのです。

これが5時半に起きる理由

あと冬は日の出時間が遅くなるから5時半でも太陽が上がってないかも?

という疑問が浮かびます

これに関しては、睡眠は『履歴効果』ってのがあって、ある程度習慣にしてしまえば履歴効果で自然に起きられるようになるのだとか

なので春夏秋で早起きの習慣を作り履歴効果で冬も早起きを行う

という事を推奨しておられます

 

僕はまだ1ヶ月しか実施していないので、これから習慣化して冬も習慣にできるか実験していきます

また効果の程はレポートしますね

少しまとまりのない文章ですいません

 

ではまたー