想いをカタチに 夢工房

想っていることをカタチにできる空間にしていきたいです

腸内の細菌で1番多いのは日和見菌

先日、散髪で小栗旬の写真を見せて失笑された山川です

『顔が違うから無理』っていう心の声が聞こえてきました

 

さて本日も今読んでいる本の中で面白そうな内容をピックアップして紹介

 

題名は『日和見菌』

まず何と読むか分かりますか?

 

『ひよりみきん』と読みます。

 

これって何?

 

これは腸内細菌の一種です

腸内細菌で有名なものといえば善玉菌と悪玉菌という意見が多いでしょう

僕もこの2種類しかないと思ってました

 

しかし腸内細菌の中には『日和見菌』という細菌も存在するとのこと

 

では腸内細菌である善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合はどうなってるの?

 

願望は善玉菌の割合が多く悪玉菌の割合が少ない事でしょう

 

しかし実際は、健康な人で善玉菌が15%、悪玉菌が各10%、日和見菌は75%の割合だと言われているのだとか

 

つまり、我々の腸内はほぼ日和見菌で構成されているということ

善玉菌は健康な人でもそれほど割合は高くないんですね

 

では日和見の意味とは?

 

ズバリ答えると『有利なほうにつくこと、形勢をうかがうこと』だそうです

 

つまり、日和見菌とは『善玉菌でも悪玉菌でもなく強い方につくんですわー』という菌だそう

 

ですので、善玉菌が強い時は善玉菌側。悪玉菌が強い時は悪玉菌側になってしまうというなんともやっかいな菌なんです

 

なので悪玉菌の割合が善玉菌より多くなっちゃうと、どえらい事になるんですなー

 

なので腸内環境を整えるポイントは

日和見菌を悪玉菌側にしない』ということ

そうするにはどうすればいいの?

 

答えは日々の食生活だそうです

 

油っぽい食事はなるべく控え、野菜中心のメニューを心がけることが大切だそうです

 

ただその食生活でストレスが溜まってしまっては本末転倒なので徐々に野菜な割合を多くする事がポイントだと思います

 

野菜野菜生活にシフトしていこうと思える内容でした

 

最後に

その本の中に日々の生活も日和見を心がける事が腸を労わるポイントだとか

つまり形勢を伺い強い方につくという生活

一見八方美人で嫌われるのではと思いがちですが、度を過ぎなければ敵も少なくなりストレスも溜まらない理想の生活になるのではないかなぁと思います

 

まさか腸の本で物事の考え方まで記載されているとは思ってなくて少々ビックリしてます

 

読書はおもしろいですね

 

今日はこれぐらいにしておきますね

ではまた

いっさい食べない方がいい脂肪。それはマーガリンとショートニング

昨日小栗旬が主演のドラマCRISISを見て髪型をマネしようと誓いました

f:id:yamakawaryusui:20170614072742p:image

この画像を持って僕を小栗旬にして下さいとお願いしてきます

 

 

おはようございます山川です

今日は食事の話

今読んでいる本に面白い事が書いてあったのでメモ

 

高脂肪というと肉

高脂肪と聞くと食べない方がいいのでは?と思いがちですが

ほどほどに食べすぎなければ健康的だそう

だって長生きしてる人ってほどほどに肉食べてますしね

けど、いっさい食べない方がいい高脂肪も存在します

それは『マーガリン』『ショート二ング』

これらは植物油です

植物油は不飽和脂肪酸といいまして通常常温では液体です

なので体内で固まる事はないけど、酸化(劣化)しやすい性質を持ちます

そこで常温でも固形を保ち酸化を防ぎ長期間おいしく食べられるように開発が進みます

そこで開発されたのが『マーガリン』や『ショートニング

作り方は植物油に水素添加する事でできるそう

しかし水素添加する事で少し変ないびつな脂肪酸ができあがったとの事

これがよくきく『トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は常温で固形になり、コレステロールやカロリーはへ安価でいい所はいっぱいありますが

その一方で体に与える影響は深刻になったんですね

脂肪を研究する科学者は脂肪の水素添加を『オイルをプラスチック化する』と言っているそう

プラスチックは人工的に作ったものなので分解されませんよね

よく公園とかで落ちてますがあれは分解されないからずっと残る

これは人工的に作ったトランス脂肪酸も同様

自然界では分解しにくいんです

これは腸の中でも一緒

トランス脂肪酸が腸に入ると分解にたくさんのエネルギーと時間そして栄養素が必要になってきます

野菜や果物など体にいい物をたくさん食べてもトランス脂肪酸も一緒にとっているとそれを分解するのに栄養素が使われてしまうんですね

これは非常にもったいない

なるべくマーガリンやショートニングトランス脂肪酸の摂取を抑えて、体にいい物を摂取しましょうねー

 

ではまたー

 

 

 

 

長浜のプペル展に行ってきたよ3

滋賀で有名なサラダパンですが1番人気ではないという事実 

f:id:yamakawaryusui:20170612063829j:image

このサンドウィチが地元の人に愛され続けて1位だそうです

しかし生産量はサラダパンが1位だとか

そう聞くと食べたくなりません?

営業戦略が上手ですねー

 

おはようございます山川です

今朝もいい天気で気持ちいいですね

f:id:yamakawaryusui:20170612064219j:image

↑通勤途中の景色

 

さて今日は長浜プペル展の最終記事

最終と言って自分にプレッシャーをかけてます

前回の記事の続きで展示会で見た僕の好きなシーンの絵と原画と僕の想いの3点セットで書いていきます

まずはこれ

f:id:yamakawaryusui:20170612064604j:image

f:id:yamakawaryusui:20170612064625j:image

これはルビッチがプペルと仲良くしている事で友達から仲間はずれにされもう『もう会わない』と言うシーン

ネタばれになりますが、2人は1度離ればなれになってしまいますが最終的に以前よりも仲良くなります

これは友達、親子、夫婦などで仲良くしていく上で必要な事ではないかなぁと

近くに寄り添うだけが愛ではない

大切な人ほど距離感とか言いたい事をぶつける事の大切さをこのシーンから感じました

まぁ子供は言いたい事言うて喧嘩しても翌日には仲良くなってるから普通にできているんでしょうねー

 

次はこのシーン

f:id:yamakawaryusui:20170612070113j:image

 

プペルがルビッチの父ちゃんのペンダントを探すシーン

ルビッチから『もう会わない』と言われてもプペルの心は変わらなかったんですね

周りとか本人から何と言われようと好きなルビッチの為に行動するプペル

これってなかなかできないですよね

周りからならともかく本人からボロクソ言われたら、もう知らない!となってしまうのではないかなと

他人からどう思われてるか気になりますもんね

けど、何を言われようとも自分の心や思いを大切にして行動する事が大切で結果としてそれがいい方向にいくのでは

そんな事をこなシーンから学びました

まぁ子供はこれも普通にできてますが

 

 次はこのシーン

f:id:yamakawaryusui:20170612070936j:image

f:id:yamakawaryusui:20170612070943j:image

必死になって父ちゃんのペンダントを探していたプペル

しかしどこにもなく見つける事ができません

しかし、実はこのペンダントはすぐ近くにあったんですね

それはプペルの頭の中

これは人は大切な物を遠くに探してしまいがちですが

実は意外とそれは近くにあるものなのかなと

それは探し物とか自分の考えとかうまくいかない事とか

けど遠くに救いを求める過程も大切

そうする事で近くにある大切な物に気づけるのですから

そんな事を学べたシーンですね

個人的にはこのシーンが1番好きです

まぁ子供は繰り返す事や親とか近くの存在から聞いて物事を解決していくので普通にできてますよね

 

以上が好きシーンでした

まとめると僕はこの本は絵本なので子供向けなのかなと思っていたのですが、これはどちらかというと大人向け

しかも子育てをしている親に向けたものなのではないかと思います

子育て中の親は自分の子供や結婚相手、自分の両方や結婚相手の両親、子供の友達の親や幼稚園の先生など、色んな人と関わります

そういった人との付き合いを円滑に進め結果的に子供の健やかなる成長に繋がるのかなと

そして、それは自分の子供から学ぶという事

ここが僕が1番この絵本を読んで感じた事

大切な存在は実は意外と近くにいたんですね

子供に大切な事、忘れてしまった事をいっぱい教えてもらいましょう

 

ではまたー

 

 最後に

最後に個人的に面白かったもの

f:id:yamakawaryusui:20170612074100j:image

普通の展示会にこんな事ないですよね

西野さん面白い人だなぁ